ゾイドジェネシス一挙鑑賞#20-50

 霧の河の大敗、そして立て直し、恨みや不信、知略といった要素など有りなかなかと面白いものでした。対ジーン討伐作戦なんてどっかのナントカボールならば一ヶ月以上はゆうに引きずる内容だと思いますが、テンポ良く展開し、普通に村に帰って行っちゃうルージ君(*´д`*)。
 某ガンダムシードの暁の空へのアークエンジェル発進シーンなどもボリュームの薄さを嘆いたものですが、ゾイドジェネシスの戦闘シーンや知略のシーンなどももっとボリュームがあって良いと思います。50話で終わるのはテレビ東京のアニメではまずまずでしょう。アニ横が51話ですが・・・。
 内容知らない人にとってはさっぱりでしょうが・・・。
 愛すべき敵ってか、他所でも書かれていますが、ザイリンの評価は高いですね。個人的に特に後半になってからは評価が上がりました。そして知将ボラー司令。格好いいですね。まわりのディガルド兵のレベルが低いのでしょうけど・・・。
 ラ・カンの立ち居振る舞いもですが、やっぱりルージ君。少年の面影を残しつつも立派に成長する後半はなかなかです。過労で3日も(意識不明で)寝込む14歳ですからw。
 いいよー、ルージきゅん、いいよぉ・・・。
 残念だったのは、35話か録画ミスでセサミストリートが入っていたことorz。49話が途中、天候によるノイズにより受信不能になっていたことorz。
 いまいち、ぱっとしないゾイドジェネシスですが、その理由としてあげられているのは戦闘シーンの不足でしょうが・・・。感情移入しにくいのも原因でしょうか。
 ルージ君に感情移入できる子なんて、このご時世少ないでしょう。バカガキやひねくれたガキが多いこのご時世に、あんな素直で思慮深い子に感情移入なんてできなさそうです。むしろ、霧の河作戦で我先に手柄を立てようと先走った奴らに移入しそうですね。
 そんなこんなでマーケティング(プロモーション)も変わっているようですね。3クールぐらいになると大きいお友達を意識した作り。50話の戦闘シーンのコトナさんのあんなシーン(*´д`*)とか。
 いまいちターゲット層の分析や作りが出来ていない、そして絵作りのひどさなどもあるでしょう。こっちはなれですね。

トラックバック・ピンバックはありません

トラックバック / ピンバックは現在受け付けていません。

現在コメントは受け付けていません。